スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Colic

 日本行きチケット、買いました。Quantas、月曜までスペシャル価格で販売中。それで帰国しようかな、と。
ええ、AUS経由です。直行便の方がうんと楽なのだけど、支払い能力上、極力出費をカット。安く!安く!で。
 通常、私は長めに帰国させて貰うのだけど、今回は珍しく、旦那と行きも帰りも一緒です in Oct。
私独りでトラ連れてて、万が一何かあったりしたら・・・首括るしかないものね(若しくは逃亡、日本潜伏)。

 FlightCenterに向かう途中、お気に入りのブタが居た。in NewMarket “Are We HOT?”

P1051723.jpg

 最近トラ、Colic(コリック・疝痛)ちっくなモノが始まりましてね。泣きっぷりが、半端じゃない。
黄昏時よりちょっと早く、14pmから1時間、まるで超音波発生機ね。みるみる真っ赤になって、体シュピーンって伸びきって、拳がっつり握り締め、腹の底から力の限り、泣き叫ぶ。泣きすぎて、干からびるんじゃないか心配。

 泣き止んだ後のトラは、戦いを終えた戦士みたいになっちゃうし(放心状態)。でも、どっちかっつーと、戦ってるの私だし。トラとじゃないよ、折れそうな自分の心の弱さとね。じゃ、トラと私は戦友って事で。
 だから今日、Cafeに行くのも恐る恐るだったのね。でも、奇跡的に泣きませんでした。え?空気読んだん?

P1051726.jpg

 出産後初って事は、1ヵ月半振りの“Invito”でした。Coffeeに、Free Muffin付きました。わーい。 

P1051727.jpg

 もう1つ、久々な事。Dieselのデニムが履けた事。でも多少、ウエストがマフィントップ・・・Muffin Lover

Children’s Day

 トラが泣くから、公園へ向かう。直ぐに泣き止み、眠りに落ちるから。陽のある時間のグズリは、結構ちょろい。

P1051632.jpg

 途中、黄色に色付く紅葉に出会う。黄色 大好き。黄色の反対の色は、青なんだよ。空色。

P1051633.jpg

 一応、Parkって名称だけど、どう見ても牧場。羊も牛も居る。トラ、此処に着くまで起きてた試しナシ。全敗。

P1051635.jpg

 “トラ vs 獅子” ※ミルク吐き戻し常習の為、頭の下にタオルを敷くは基本。

P1051654.jpg

 振り落とし、トラ勝利。こんな事して、遊ぶ午後。物言わぬ、首も据わらぬ赤子との接し方が、分りません・・・

P1051656.jpg

 まるで、初々しいカップルね。会話、もたないの。専ら私の独り言だし、彼女ミルクしか飲まないし。

 トラがギャンギャン泣いて、声が擦れる位、精一杯に泣いて、ミルクでもなく、オムツも変えたばかりで、おしゃぶり差し出しても、あやしても抱っこしても、何しても泣き止まない時が、たまにじゃない。日に、4,5度ある。
そんな時、不覚にもイラってしてしまったら、抱っこしたままバスルームに向かう。私がこの子を産んだ現場。

 ウチのバスルーム、壁一面鏡で、3階だから屋根の関係で天井が斜めで、ソコも鏡で・・・いっぱい鏡。
その鏡に映る、私とトラを見る。泣き声にエコーがかかる。私、大きい。トラ、小さい。とても小さい。
こんな小さい、最近やっと人間になった生き物に、不満なんて一切持てませーん。ってなる。よっし、乗越えた。

 ついこの間まで、キコリの妖精みたい(つまり、切り株に座ってそうって事)に、カリッカリで小っこかったトラ。
今はずっしりになっちゃって、そこらの赤子と何ら変わりない。ぷっくぷくの、むっちむち。満7週で、重力2倍。
“大きく育ったね”って、トラを眺める。で、その後旦那を見ると、“でかっ!でか過ぎっ!”って、巨人な錯覚。

 そんな、子供の日。従兄のお父さんの、お誕生日だったりする。永遠の子供みたいで、可愛いズルイ。 

Immunisations

 生後6週目のトラ、予防接種の日です。親子3人揃って(言ってみたかった)Greenwoods Medicalへ。
1本目は、Pneumococcal(肺炎球菌)の予防接種。2本目は、Diphtheria(ジフテリア)・Tetanus(破傷風)
Whooping Cough(百日咳)・Haemophilus Influenzas Type B(ヘモフィルス インフルエンザ B)
Polio(急性灰白髄炎 ポリオ)・Hepatitis B(肝炎)の、6種混合予防接種。 

P1051438.jpg

 旦那がトラをしっかりと抱く。抱しめる感じで、実は拘束。Dr.が手際よく、左右のモモに1本づつ注射。
トラ、勿論ギャン泣き。想定内。私もかなり、変な汗かいた。トラが痛い思いするより、私が痛い方が良い。
でも、重い病気にかかって、苦しいとか辛いとか、命の危機とか怖い思いするよりか、断然良いモノね。

 『ほら、ティッシュ。』Dr.に、ティッシュボックスを差し出された。『有難う』って、それを受け取る。
トラの目から、次々と溢れてくる涙のツブツブ、拭き取ってあげなきゃ・・・トラを抱える旦那に向き合った。
ら、『貴方によ。』って言われたの。あれっ?私、泣いてんじゃん。旦那が笑う。
 『殆どのお母さんが涙するの。貴方だけじゃないわ。』そう言って、Dr.は微笑んだ。

 その後30分程、病院内の一室で待機。トラが急な発熱や、体調に悪い変化が現れたりしないか伺う。
その間、おっぱいをあげたりあやしたりと、トラのご機嫌取りに必死に勤しむ私達、初心者両親。
最近気付いちゃったんだけどさ・・・この時期の育児って、“いかに赤子を泣き止ませるか?”に限るよね。
 いつもより数段、大袈裟に揺れ揺らす旦那。出勤前に、ご苦労様です。乳出ない分、力量でカバー。

P1051436.jpg

 でも、本当に大変だったのは、家に帰って旦那を見送り、トラと2人きりになってからだった。
泣く 喚く 暴れる 壮絶。世に出て6週の赤子、侮れないデス(恐ろしい)。ノイズコントロール来ちゃうよ。

 トラをあやしつつ、私が考えていたのは、母の事だった。母もこんな風に、私を抱いて病院に行ったのだろうか?
小学校の頃、学校行事で私の鼓笛隊姿を見た母が泣いた。その時の私は、母の涙の理由を理解できなかった。
高校の合格発表の日も、母は泣いた。何て泣き虫なのだろう?私もその血を、引いてしまっているらしい。

 あのね、『私(俺)、お婆ちゃんっ子なの。』って台詞、たまに聞くじゃない?
今まで私、何とも思ってなかったけど・・・あれってきっと、お母さん相当ショックだよ。
 私の1番古い記憶には、既に3歳下の弟の存在がある。それ以前の記憶はもう、思い出せないのだ。
こんなに抱いてるのに、トラも記憶を失くすのね。それがちょっと、切な哀しい。母になって、知る気持ち。

Anzac Day In The CornWallPark

 今日はAnzacDay。産後初、“旦那抜きトラ連れ”で、お友達とお出かけした。最寄カフェと、最寄公園だけど。
ぽつりぽつりと、トラを抱いて1人、たどたどしく歩いた“小さい散歩”とは違う、“休日のお出かけ”。

 初めて、私がトラをカプセルに装着し、初めて、カフェのトイレでオムツを交換し、初めて、カフェの奥のソファーでひっそり授乳した。沢山の、“初めて”。私にとっても、トラにとっても。
 お陰で少し、自信を持てた。“ああ、私達ちゃんと、外の世界に出られるじゃない・・・”って。
私より若い先輩ママと、子供慣れしたお友達と一緒だったから、どっぷり安心感があったのは確かです。

P1051387fb.jpg

 公園には、沢山の子供、赤ちゃん、犬、家族、カップル、ジョギングしてる人、観光客が居た。
空の高さと空気の質が 晩秋のそれに変わってる。今の内に皆もっと 秋の風を沢山吸って 爽快に笑う休日。 
 小粒に見える、お友達の娘ちゃん。それを追いかける、お友達。彼女の持つ独特の雰囲気は、不思議可愛い。 

P1051404fb.jpg

 私はいつも 暗中模索で いつまでもそれが 続いてくのだと怖かった。
トラが泣くのは、私のせい。お腹が空いたのか、痛いのか。ミルクが足りないのか、それとも美味しくないのか。
寒いのか、暑いのか。不機嫌なのか、不安なのか。何故、そんなに泣くの?分らなくて、ごめんなさい。 

 お友達は、トラを可愛がってくれると同時に、私の様子も伺ってくれる。私はそれに気付き、どっぷり甘えるの。
起承転結も言葉の脈絡もオチもなく、不安な事 嫌な事 愚痴 苛立ち、彼女にいっぱい曝け出させて貰った。
彼女は私に耳を貸してくれる。多過ぎず少な過ぎない言葉をくれる。それが私の精神に、とても効くのです。

 今日も私は、あなたと娘ちゃんの笑顔に救われました。不協な場所から私を連れ出してくれて、有難う。

Post Natal Depression

 トラが、起きてる寝てるに関わらず、お散歩は日課にさせて貰う事にした。 私 の 為 に。
“産後鬱”なんて、私には全く関係のないイベントだと思ってた。義母and義叔母ペアと戦うのに必死で、そんな暇などナイと。シングルvsダブルなんて、何だかちょっと、卑怯だぞと。

 MidWifeのPaddyが、自宅までトラの訪問検診に来てくれるのも、昨日で最後だった。あっと言う間の1ヶ月。
トラ、4500gまで大きくなってました。子は日に日に育つのに・・・私は、世界から切り離された気がしてた。
 朝が来くると皆忙しく、髪を整え学校や仕事場に向かう。私は部屋着のまま、3回も4回も洗濯ばかりするのだ。
加えて今朝は、オムツを交換中にトラがウンチを噴射。カーペットを狂った様に掃除するハメに。
 まるで、ボルケーノの様だったからね。母は世間から置いてかれてるのに、子は話題に乗る。みたいな。
ウォータープルーフマットを敷いたベットから、無防備なカーペットにまで飛び散らすって・・・何?腸能力?

 寝不足で、私もテンション間違っちゃったのか、笑いが込み上げてきたさ。私の右足に、ウンチ。何故かトラの額にも、ウンチ。もう1回言うよ? 額 に ウ ン チ。 ドリフ~っ!? 何?この子。面白過ぎるわー。
 車にキーを差し込む寸前だった旦那を、窓から呼び止める。『Help!(以外の言葉が見つからなかった)』

 近所に止まってた、お洒落なクラシックカー。

P1051176.jpg

 掃除と洗濯を一通り済ませ、私はリンゴとレーズンたっぷりのヨーグルト、トラはミルクを朝食に食べた。
先輩ママの順子ちゃんから譲って頂いた、“beco baby”のBaby Carrierに、トラを詰め込む。
 beco ベコ 牛? 牛柄の抱っこ紐。キャンディードットのトラ。じゃ、私、羊。

P1051187.jpg

 外に出て、風を頬に受けるのが気持ち良い。トラの産毛が、フワフワしてる。
そういや私、元々社会に馴染めない子じゃなかったっけ?出産のせいじゃない。鬱ってる、場合じゃない。

        出発して 数メートル。案の定トラは 優しい睡魔にさらわれた。
プロフィール

ico onishi

Author:ico onishi
自分を把握してません
基本 日替わりです
変ろうとも維持しようともしません

“長い目”で 生きれません
“近い将来”しか見えません

好きな事には貪欲です
縄張り意識 かなり強めです

褒められる事が大好きです
必要とされる事が大好きです

やりたい事を やりたい時に 
やりたいだけ やります

いつも誰かに 見守られています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。