スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Our Bro&Sis

 13日 リックとノーマンが1日早く上海に向かった。NZ到着日は皆一緒だけど。それまでバイバイ。
東京駅で2人と別れ、旦那と私は仙台へ。この短期日本滞在期間中に、お母さんの為にわざわざ仙台まで北上する事を、あらかじめ予定に入れててくれた旦那。その気持ちを、私は尊敬するし感謝する。大好き。

troy.jpg

 東京~仙台は、1番早い新幹線でも往復3時間以上。駅からはバスを使って病院へ。母はトロイと久々の対面・・・のつもりだけど、年始に会ってるんだよ。昏睡状態で記憶がナイ為、母の中では2年振りなのね。
 NZの義母からのお土産、紫でピンクな色合いのスカーフ(ポッサム&メリノ)を手渡し、軽く談話。
ウチの母、スピーチカニューレーを嵌めているし、頑張れば声も出せるのに、滅多に喋らないんだ。
そんな母が、久々に声を出した。声を出して笑ったのって、病に倒れてからきっと初。今年初笑い!

 『お母さん聞いてよ。トロイのね、ジーンズに穴空いちゃったんだよ。しかもチンチンんとこ。恥ずかしいね~』
って言ったら、声(っつーか、音?)出して笑ったよ。しかも、お土産の肌触りを楽しみつつ、『このマフラー、高いんだよねー。』だって。私の貧乏性は、確実に母譲りなの。

 3時頃、母が眠くなってきた頃を見計いこっそり病室を出た。6時、南船橋駅で弟夫妻に合流なのだ。
弟の新しい車(スポーツタイプが、ファミリーカーへ変化)で迎えに来て貰い、新婚さん宅にお邪魔した。
この春に購入したばかりの、スタイリッシュなのに生活感と温かみのある、素敵なマンション。
いつかの未来、うちの両親との同居も考慮し選んだんだって。お嫁さんのご実家からも近いんです。
 旦那、日本最終日の夜は、るみ&洋平の手料理と、日本のワインで乾杯。私の大好物、カボチャのポタージュにクリームコロッケ、唐揚げや上等なチーズ、クラッカーに生ハム、ジャーマンポテト・・・ 堪能。

 翌朝目が覚めたら、ベランダからの景色は真っ白。辺り一面霧深かった。晴れてたら、富士山が見えたのに。
京成船橋駅まで送って貰い、スカイライナーで成田へ向かう。そして旦那は上海へ。お達者で~。
弟夫婦は、北海道へ飛んだ。るみちゃんとおばあちゃん、初めましてなの。ウチのばあちゃん、超・女性。 

 自慢の弟、性格はお父さんにそっくりです。 改めて感じたよ。 大きな男性です。

ya.jpg

 若いのにしっかりしてて、外見も中身も綺麗な義妹。お料理も上手だし、弟をしっかり支えてくれる。
私の母の介護の事まで、もう考えてくれてたんだ。しかも、重くなく、軽くなく。恥ずかしながら私、泣きました。
 これ以上ない、最高の妹です。“家族なんだから 当たり前”って、そうそう言える言葉じゃない。
私自身は、一体どんな嫁なんだろう・・・?義母との関係を思い返し、反省した夜。 

ra.jpg

 成田からの帰りは、久々の1人ぼっちで、車窓の景色が切なかった。ああ、こんな気持ちが“祭りの後”ね。 
成田エクスプレス、東京44分着。はやて、56分発。12分の猶予で乗り換え出来るまでに、私成長したよ。
 新幹線で1人の女性が困ってた。全席指定のチケットに“20C”って番号が。でも、席は15位しかなくて。
『じゃ、12Cでお願いします。』と、JR。で、その女性は私の隣に座りました。20は12・・・?

 見た目じゃなくて、社会一般的な事でもなくて、大人になるってどういうことなのだろう?
否が応でも、私達には大人にならざるを得ない節目が、今まで生きてきたうちにもいくつか、確かにあった。
 親元を離れた時、結婚した時、子供が出来た時・・・そして、親の面倒を見ることを考え始めた時。
家族事情の為に、生活の場所を、生き方を変える事を、“人生が狂った”とは言わない。と、はっきり言いきれる人はきっと、とても強く、大きく、大人だと思う。1つの見方として。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あいこちん、かっこいい。
いつも珍妙なコメントでゴメン。
心に響くかどうかもその人の資質だと思う、だから、
そんな風に思えるあいこちんはとてもかっこいい女だと思う。

No title

お母さんの笑い声聞けてよかったねぇ。うん、うちの父もね喋るのは大変みたいで。それでも、(ネタ)話しかけてるときに顔が笑ったときは、ほんとうれしかったわ。

親の面倒、ico ちゃん家族、弟さんの家族にもちょっと早すぎたね。でもこれ、ほとんどすべての家庭にいずれ訪れる普通の事なんよね。

みんな、(年配の人たちが)そんなことに弱音をはくでもなく普通に生きてるって事に気がついたとき、とても驚いたわ。
プロフィール

ico onishi

Author:ico onishi
自分を把握してません
基本 日替わりです
変ろうとも維持しようともしません

“長い目”で 生きれません
“近い将来”しか見えません

好きな事には貪欲です
縄張り意識 かなり強めです

褒められる事が大好きです
必要とされる事が大好きです

やりたい事を やりたい時に 
やりたいだけ やります

いつも誰かに 見守られています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。