スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I’m Suggestible

 家の側に消防署がある。隊員は、朝に壁を登って、夕方は走っている。休日は、休まず並んでた。

P1036971.jpg
 
 私は暗示にかかりやすい。占い、おみくじ、その他諸々。良くも悪くも流されるのだ。自分を把握出来てます。

 日本に来てから、毎日母に会いに病院に通ってる。病院ってさ、時にマイナスパワーが充満してるのね。
私、病気じゃないのに怠くなる気さえするもん。半日居ると、口角が下がってきちゃう感じ。
 家族の悪口を延々呟いてる人、自分の悲劇を嘆き悲しみ独り言ちる人、看護婦に八つ当たる人、叫ぶ人。
色んな患者さんが居る。腑に落ちないのが、“何故、看護婦さんまで一緒になってネガティブ発言?”
 『痛い 痛い』と騒ぐ方に、“大丈夫ですよ”ではなく、『痛いね、可哀想ね。』って同意したら、“ああ、私ってやっぱり可哀想なんだ・・・”って、確信しちゃうんじゃ?
 私はいつも、多少イラッとしながら、傍観してる。言葉にも暗示の力、言霊が宿ってるのに。
心と体がリンクしてるように、言葉もね、大分影響与えてるよ。精神に 人体に 生活に 人生に。

 健常者が、10のうち10の事を出来るとして、病のせいで3、若しくはそれ以下の事までしか利かない体に変わってしまったら・・・3を、自分にとっての10と捉えて暮らさなきゃいけないのかもしれない。
 自分で何が出来て、1人では何が出来ないのか。どんな助けが必要で、何を諦めなければならないのか。
自分の状態・状況を把握する事が必要になるだろう。戸惑うだろうし、地獄だと感じる事もあるだろう。
それでも生きていくのなら、現実を受け入れなければならなくて、受け入れられるまで、心から笑う事さえ出来なくなるかもしれない。

 私は健常者で、体の不自由になってしまった人の気持ちを理解しようと、どんなに考えても不可能な話だ。
でもね、同じ気持ちにはなれなくても、何かしてあげることは出来るかもしれない。
 そう思いつつ、毎日足を運ぶのだけれど、私の胸にも重くつっかえるモノがある。元の母に会いたい。
現実を受け入れる事の難しさ。毎日反省して、葛藤してる。穏やかな気持ちで傍に居れる時まで、私も痛い。

 ※ 昨日、改めてDr.に呼び出され、厳重注意を受けました。日曜日の、プリン事件。私も危うく殺人犯。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ico onishi

Author:ico onishi
自分を把握してません
基本 日替わりです
変ろうとも維持しようともしません

“長い目”で 生きれません
“近い将来”しか見えません

好きな事には貪欲です
縄張り意識 かなり強めです

褒められる事が大好きです
必要とされる事が大好きです

やりたい事を やりたい時に 
やりたいだけ やります

いつも誰かに 見守られています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。