スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Special Thanks For Neil Pattison

 去年の11月、『初めまして 宜しくお願い致します』と握手を交わしてから、あっと言う間に半年が経った。
私も無事に母となり、トラの出産や私の産後のケアーをしてくれていた、Dr.Neilの検診も今日で最後。

P1051906.jpg

 “此処に来るのも、これが最後なのね・・・”と、感傷に浸る私を追い越し、さっさと中に消え行く旦那とトラ。

P1051907.jpg

 出産から、8週間と2日。トラについて、不安に感じた事、疑問に思った事、思い付く事全部聞いた。
それに対し、Neilの答えは全てこう。『それは、赤ちゃんには普通の事だから、心配は要らないよ。』
 妊娠中、私の体についてもそうだった。質問の何もかもに、『妊婦には普通の事だから、全然大丈夫。』って。
何も無いのが1番なのだけどね。“もっとちゃんと、調べて欲しい”って、かまってちゃんだったよね、私。 

P1051908.jpg

 私、日本で受けた子宮癌検診で、ちょろっと引っかかってたんだ。軽度の異形、LISL。子宮頸癌です。
日本では、癌の一種とされているこの病状、NZではただの感染症扱い。何?性病と同等扱いだったりするん?
 いや、その方が気も楽だけれども。びびってた自分、実際、結果を聞いた時、ちょこっと泣いたりしてみた自分、格好悪い事ない?だって、怖かったんだモン。ウチの母、子宮全摘出してるし。遺伝とか、関係ありそうじゃんね?

P1051909.jpg

 Smear Testと、Blood Testも、本日ちゃんと済ませて来ました。後は、郵送されて来る結果を待つのみ。
それにしてもスメアテスト、半端なく痛かったわー。もう1度、処女膜破れた?って錯覚したもんね。産後なのに。
処女喪失時より、数段痛かったかも・・・包み隠さずで、スミマセン(恥らう歳でも、キャラでもナイもんで)。
 Neilいわく、母乳を出している間、女性の性器は潤わないものらしい。カラッカラですよ(口を慎め自分)。
何者の侵入も一切許さない、鋼の貞操。私の体、母乳製造でもう、いっぱいいっぱいなのね。キャパ狭し!

 LSILも、勿論(非常に)気になるけど、私の、リンパ球と血小板、鉄分が異常に不足しているどーしよーもナイ血液の方も心配。母乳、血液で作ってるからね。白いけど。出産を終えた事で、正常値に戻ってる事を切に祈る。
 私はね、かくかくしかじかで、NeilがAKL不在の時に“自宅出産”しちゃったから、結局立ち会って貰えてないけど、事実、彼はAKLで1番腕の良いスペシャリストと言われています(金額もそれ相応)。

      今まで、大変お世話になりました。本当に、有難うございました。お元気で。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ico onishi

Author:ico onishi
自分を把握してません
基本 日替わりです
変ろうとも維持しようともしません

“長い目”で 生きれません
“近い将来”しか見えません

好きな事には貪欲です
縄張り意識 かなり強めです

褒められる事が大好きです
必要とされる事が大好きです

やりたい事を やりたい時に 
やりたいだけ やります

いつも誰かに 見守られています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。