スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Where The Wild Things Are

 1日たっぷり使って、DVDを1本見た。やむおえない事情(某・トラ)で、停めたり巻き戻したりしながら。
忙しなくもね、2回上映したった。“Whrer The Wild Things Are”プロディース by トムハンクスなのね。
 子供の歌声が 耳に残り、温かさの中に 切ない余韻の残る、綺麗なお話でした。

P1051161.jpg

 最初ね、こんな強面でキャラ立ち過ぎな登場人物、いや、人ですらない生き物ばっかジャンジャン出てきて、“子が観たら泣くし”って思った。でもね、ストーリーを追う事に、親しみが沸いてくるの。個性豊富で魅力的。そして、主役のMaxが非常に愛くるしいのだ。遠吠えや、ナマイキな言動、ウルフの着ぐるみで、力いっぱい走る姿。
 始まりとエンディングで、面持ちが変わったような気がした。眠りに落ちる寸前の母に、そっと微笑むMAX。 

P1051160.jpg

 現実と、そうではない世界。子供の頃は、行き来できると思ってた。子供は行き来してるのかも。
大人になる事は、素敵な事だと。子供がワクワクしながら育てる様、柔らかく側に寄り添える、親になりたい。

          心に響いた台詞  『Don’t Go.I’ll Eat You Up.』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ico onishi

Author:ico onishi
自分を把握してません
基本 日替わりです
変ろうとも維持しようともしません

“長い目”で 生きれません
“近い将来”しか見えません

好きな事には貪欲です
縄張り意識 かなり強めです

褒められる事が大好きです
必要とされる事が大好きです

やりたい事を やりたい時に 
やりたいだけ やります

いつも誰かに 見守られています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。