スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Humanitarianism

 St.Lukesの、ショッピングセンターに行ってきました。実はね、昨日ついに車を契約致しまして・・・
バンクチェックを作ったのです。ここのモール内の銀行は、土曜日でも4:30まで開いてるの。
日曜も営業してて、手数料を取られる事も無いので、日本より便利かも。NewMarketも同じです。

 プラプラお店を見て回ってたら、リンゴのミラー&キーリングのセットを見つけました。
私、リンゴ大好きなの。旦那がちゃちゃっと、買ってくれました。キーリンゴちゃん、可愛い・・・

P1039851.jpg

 旦那が外でタバコを吸ってる間、私はモール内のソファーに座って休んでたのね、携帯いじりながら。
旦那が戻って来て、カフェに入ったんだ。コーヒーに無料でマフィンが付くトコです。1時間は潰したかな?
で、カフェを出て、さあ帰ろうって時、何気にバックを触ったら・・・携帯を差し込むポッケに、携帯がナイ!?

 今使ってる携帯は、初めて旦那の親戚にご挨拶をしに香港へ行った時、旦那が買ってくれた物です。
携帯も勿論大事だけど、SIMに入ってるデータと、そして何より、携帯にぶら下げてる義妹のご両親から頂いた、“水天宮の安産御守”が非常に大事。予定日まで後10日に迫った今、御守失くすなんて・・・縁起悪過ぎ。

 半泣きで探し歩きました。今まで立ち寄ったお店、場所、隈なく回って、最後に駄目モトでサービスカウンターに出向いたの。したら、届いてたんだよ、携帯。届いてたのよ、私の携帯電話っ(ここ、フォルテッシモで)!
 凄く嬉しかったし、凄くびっくりしました。正直この国で、何か金目のモノとか、携帯や財布とか、失くしたら2度と出て来ないって思ってたから。盗んだ携帯を転売するグループまで居るんだよ。

 届けてくれたのは、ケイティーという女性の方でした。サービスカウンターで彼女の連絡先を教えて頂き、直ぐにお礼の電話をしました。彼女はもうお家に戻られていて、『ささやかながら、ギフトをお贈りしたいのですが・・・』と申し出ましたが、『良いわよ、そんな。』と、遠慮されました。拾ってくれたのが良い人で、本当、幸運です。

 その後友達と合流して“Invito”でまたLatteを。子が腹蹴りまくり。『カフェイン控えろっ!』だって。
 ※ 携帯の待ち受け画面 “Goodnight Nurse”

P1039850.jpg

 今日は、久々に嫌な汗かいちゃいました。危うく泣くトコだった(妊婦は情緒不安定)。
私、携帯失くすの得意なんだわ。過去にも、原っぱで、Barで、Pubで、市電で、新幹線の中で、そしてショッピングモールの中でしでかしてます。でもね、いつもちゃんと出てくるの。それって、かなり凄い事じゃない?
 新幹線での時なんて、NZに帰る最中だったんだけど、東京駅に着いてから失くした筈なのに、仙台の警察署に届いてたかんね。そのままお父さんが取りに行けたから、やたら便利だったし、摩訶不思議。

 私も、人生で何度か財布を拾った経験があります。短大の図書館で拾った時は、カウンターに届けました。
花見での時は、本部のテントに。スーパーで荷物を詰める机では、私の目の前で財布を置き忘れたおばちゃんを走って追いかけました(2回以上はある)。で、『あら、お兄さん、本当に有難う。』って言われたり。私ハ 雌デス。

 お賽銭ってあるでしょ?お金と一緒に、悪い運気にサヨナラするんだよ。賽銭箱とか、噴水にポーンって。
人のお金を盗んだり、誰かのモノを奪ったりすると、厄も一緒に受け取っちゃうんだよ。私、宗教とか迷信とかって無縁だけど、“縁起”だけは隙あらば担ぎたい。靴下で布団には登らない。夜爪は切るけど。ああ、矛盾(無情)。
 だから、人道からは外れないようにしよう(おっ、何気に綺麗にまとめた感)。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あってよかったのー
プロフィール

ico onishi

Author:ico onishi
自分を把握してません
基本 日替わりです
変ろうとも維持しようともしません

“長い目”で 生きれません
“近い将来”しか見えません

好きな事には貪欲です
縄張り意識 かなり強めです

褒められる事が大好きです
必要とされる事が大好きです

やりたい事を やりたい時に 
やりたいだけ やります

いつも誰かに 見守られています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。