スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Well Wisher

 天気が良いので、遅めのランチは“Archie’s”集合。世界が眩しいので、サングラス必須。
私いち押しのべジタリアンラザニアを、誰も頼まない事がハガユイ。美味しいのにー・・・

P1052227.jpg

 2年も工事し続けた、NewMarketの入り口にある、公園・・・みたいな憩いの場?
最近やっと、完成お披露目。昔と何ら、変わりないですよね。何?芝?2年間、芝集めてたん?

P1052226.jpg

 トラが腹から出てきてからの、初Archie’sだった。コーヒーは、相変らず不味い。でも、頼んじゃう。

fbP1052230.jpg

 昨夜、旦那と“Departures”のDVDを観た。日本語タイトルは、“おくりびと”。
『あー、とっても山形だわー。』って、淡々と進むストーリーを追ってる私の隣、意表ついて旦那がハマッてたり。
え?こういうの、好きなん?『真(私の従兄)の居る町でしょ?』って、じっくりしっぽり自然と田舎クサイ人間模様と温かさを堪能し、1晩で2回連続上映してました。あー、でもねぇ・・・これ、庄内訛り。日本海側だわ。
ウチの親戚は、内陸です。素人目(耳)には、まだまだかな?・・・って、ウチの旦那、日本人ですらなかったわ。 
 見送りね、うん。死んだ人間をだけじゃなく、生きてる者同士のお別れ見送りにも、大分感傷的な時、あるよね。

 25歳、この世に生まれて四半世紀を過ぎた頃、私はAUSに1年程出かけた。猫も杓子、ワーホリです。
日本出発前夜、“行って来ます”を伝えたくてさ、当時住んでた仙台から、母がお手伝い程度に働いていた岩手のBarまで、雪の国道を2時間かけ、顔を見に行ったんだ。2月だからね、相当積もってたよ。
 Riseの真ん前に車を停め、店へ入り、マスターと母に旅立ちの挨拶をする。
『何?明日?本当に行くんだ。行ってらっしゃーい。楽しんでおいでね。』って母。軽いなー、おい。
そんなに店が忙しい訳でもナイのに(失礼)、カウンターから出るでもなく、普段顔で私を見送ってくれました。
 因みに私の大好きなお父様は、布団から出ても来やしなかったです。後ろ手に『バイバーイ。』って・・・

 2004年、AUSから帰国して2ヵ月後、今度はNZに行く事を決めた私を、出発の日の早朝、眠たそうにわざわざ玄関まで出てきて見送ってくれた母。2005年、2週間程一時帰国した最後の朝、仙台空港まで送ってくれて、携帯で友達にメールを打ちつつ、片手間に私を見送ってくれた母。2007年、3度目にNZに向かう日、新幹線のホームまで一緒に入ってくれて、発車寸前まで私を見送ってくれた母。此処でやっと、初めて見送りらしくなった感。

 そして2008年、夏に帰国して、秋にNZに戻るその日の前日、弟の婚約者ご家族と、お食事会をする云々で、母と私は一緒に東京へ向かう事に。駅のキヨスクで、お弁当とウィスキーを買った。酒、欠かせないです。
 母と2人で新幹線に乗ったのは、その時が初めてで、そして他愛無い会話から何故か、言い争いになった。

 『体の自由が利かなくなって、延命装置なんて事になったら、私はいっそ死なせて欲しい。“どんな姿でも良いから、生きてて欲しい”とかって、そんなの看取る方のエゴでしょう?お母さん、そんなの絶対嫌だ。』
何がきっかけで、そんな話になったのか覚えてない。私は母の発言に、断固同意出来なかったので反論した。
 『少しでも希みがあるのなら、家族の延命を希望するのが当然でしょ?』その言葉に母は更に反撃してきて・・・
結局お互いふくれっ面になり、その会話は尻切れた。あの日、何故そんなムキになったのかな。

 それが、母と思いっきり語り合った、最後の時間だった。今はもう、お話しが出来ません。
翌日、とてもスタイルの良い母の立ち去る姿が、私の見た最後の健康な母でした。今はもう、歩きません。

 2008年『年末年始は、旦那の親戚に挨拶する為、中国へ行くんだ』と、母に連絡した。
『なんか、亜衣子を嫁に出した時より、お母さん切ないんだけど・・・何でかしらね?』と、母は言った。
そして私が中国に入った3日後に、母はくも膜下出血で倒れ、私は急遽、日本に向かった。
 もしかして、私が中国に行かなかったら?なんて、言葉の意味を、悲観的に思い出した。

藤

 今日、金蛇水神社と竹駒神社に、母の体力が続くよう参拝して来た父から、藤の花の写真が届きました。
人間が、“生きていたい”と感じられる、自分の体の状態って?心の状態って? 皆 それぞれ 違うかな。
健康な時には気付けなくて、後悔する前に出来る事って、大事な人を、いつも全力で大切にし続けるしかない。
スポンサーサイト

La Festa Della Mamma

 母の日です。何気にタイトル、イタリア語。昨夜TVで、“Mamma Mia!”放映してたから。
旦那に、『私も今年から、母なのよ?』って主張してみた。『トラに言いなね。』って、笑顔で返されました。
 でも、私が最近夢中の、シナモンロール(フレッシュクリーム入り)買ってくれたりした。いつもは、『甘いモノは控えなさい!』って言うのにね。買ってくれるまで私、シナモンロールの前から絶対離れないつもりだったけど。

 いつもお世話になっている、甘いモノ大好きな義母には、感謝の意を込めケーキを用意しました。
ガトーショコラを買って来て、旦那と2人でデコレートしたの。思いの他、見栄え上等な仕上がりに、満足。

P1051751.jpg

 多少、いや、かなり気になる事があったんだけど・・・私の中で、母の日っつったら“カーネーション”なのね。
絶対的に。でもこの辺り、“菊の花”出回ってるんだわ。プランターに菊。いや、大輪のじゃないけど・・・菊?
 ねぇ、違くない?菊ってまた別の日に活躍する花だよね?若しくは菊、食べ物だし。

 私のお母さんに、カード届いたかな?伝えたい事沢山で、書ききれず尻切れた手紙。
10月に会ったら、母の日の分も、誕生日の分も、私の誕生日の分も、お母さんをギュって抱しめよう。
私とお母さんって、ソックリなんだよ。お母さんは、『一緒にしないでー。嫌だー。』って、顔をしかめたけど。
 お母さんが、私のお母さんで、私は幸せです。ありがとう。母の存在は いつも いつまでも 大きい。

Pizza

 月曜日の夕飯は、Domino’s Pizzaでした。買い出しは専ら、旦那の仕事。私はトラとお留守番。
旦那1番のお気に入り、“Supreme”。これ、何処の店でも当たり外れなく、大抵美味しい。

P1051423.jpg

 『辛くなきゃ、何でも良いや。』って、私のリクエストで旦那が選んだ“God Father”

P1051424.jpg

 『えー、味、同じじゃーん。』って、(ほぼ)何でも良い発言したクセ文句たれたら、怒られたです。
そして2日後、昨夜の夕飯もDomino’s Pizzaでした。何とかの1つ覚え、“Superme”

P1051493.jpg

 『クリーム系が良いな。』って、多少はっきり意思表示しましたら、“Creamy Chicken”が選ばれまして。
これしかクリーミーなの無かったんだって。旦那、Good Choiceですよ。有難うですよ。

P1051495.jpg

 でもね、サイドに“Chicken Carbonara”って・・・

P1051498.jpg

 だーかーらー 味、被ってんじゃんっ! でも、好きだから声に出しませんでした。
私、Pizzaなら毎日食べれる。食べたい。だからか?体重は妊娠前に戻っても、当時のデニムが未だ履けません。
 だって、Lサイズ、常に 完 食 だもの。 食べたモノ全部、ミルクになーれ。 あー。ビール飲みたい。

 ウチのお母さん、Pizzaにはうるさいです。食べ物は、旨い旨い言って食べるのが、大西家の家訓なのに。
きっと、Domino’sでは、笑顔にならないの。『Riseのが食べた~い。』って、我が儘言うんだよ、絶対。

 一関に、“Rise”っていう、イタリアンFood Barがありまして。母は其処に、週に2,3回出没する程、そのBarをこよなく愛してたんだ(カウンターの中にもたまに居た)。今でも健康だったら通ってる筈。
 母は、食べ物を食べられないから、食べ物の話はしないようにしてたけど、いつか食事が出きる様になれたら、真っ先に食べたい物、RiseのPizzaなのかもな・・・いや、タコスかな?

 母とRiseに飲みに行くと、必ずMixPizzaを注文してた。母はタバスコをたっぷりかけて食べるんだ。
注文が入ってから、手作りの生地を伸ばし、そして大きなチーズを削って乗せる。私もRiseのPizzaが大好物。
 タコスはね、グランドメニューなクセに、常にある訳じゃないの。食べられた日はラッキーデー。

 毎年、夏祭りとかビール祭りの時に出店する、Riseの出店のタコスは大好評。和牛だよ。
メキシコ帰りの方が、Riseのタコス食べて、南米を懐かしがる位だからね。本場顔負けの美味さよ?和牛だけど。
私も母も、弟も従兄も、出店の手伝いしてたっけな。母は涼しい店で、酒飲んでたりも・・・

 だから、とにかく、Pizzaはね、母との思い出たっぷりの食べ物なのです。美味しいの食べても、まぁまぁなの食べても、やっぱり母を思い出す。美味しいヤツに出会ったら、“母に食べさせたい”って思ってしまうんだ。
 どうせ、『Riseの方が美味しいよね?お母さん、Riseのが食べた~い。』って言うの、目に見えてても。 

Wish Upon A Call

 今日は、私のお母さんの誕生日。
弟のお嫁さんが、母の病室を訪れている時間に、携帯に電話させて貰ったんだ。
母に、“お誕生日、おめでとう”と、伝える為に。

 電話越しに、母の短い呼吸だけ聞こえる。母は何も喋らない。でも、一方通行ではない電話。
母が、自分で携帯を持とうとした。と、聞いた。きっと母も、私に伝えたい事、いっぱいあるんだよね。

P1039816.jpg

  母が倒れた時、“数ヵ月後にはきっと、元気になってお家に帰れるよ”って思ってた。
そう、願ってたけど、2回目の誕生日も、ベットで迎えてしまったね。
 私が、『お誕生日、おめでとう』と言う。母が、『有難う。』って微笑む。小さなようで、大きな願い。
来年の今日は、母がケーキを食べれます様に。お願い事と一緒に、ロウソクの火を吹き消したりしよう。

 たった今、義妹から届いたメール(此処に書く事、許してね)。
“さっきはお母さん、おねえさんの声が聞けてとても嬉しそうでした。
何か話したそうにしてお姉さんの言葉に何度もうなずいていました。” 涙が出ました。

 母を、いつも傍で支え、見守ってくれている父と、弟夫婦に、心から感謝しています。有難うございます。

PONYO

 車をぶつけて1週間と1日。修理に出して6日経つ。のに、未だ代車です。代車の方が、かなり快適って話。
日本だと、動いてる車同士の衝突って、余程の状況じゃなきゃ“免責10対0”って滅多に無い。
でもNZ、常に10:0なんだって。白黒ハッキリ決着。喧嘩(衝突)両成敗じゃない。ある意味、勝ち負け。
それって、どうなの?『貴方が黒よ。』って言われても、$300で済むんだけど、次回の保険料アップは痛い。 

P1039736.jpg

 2008年 夏に、数週間時帰国した。その頃、駅やデパート、色んな場所でポニョの気配を感じた。
近所の幼稚園から流れてくるポニョ。TVCMでポニョ。駅のポスターにポニョ。いたる所に、ポニョが居た。
 だから私、観てないのに観た気になってた。『ポニョ?ああ、アレでしょ?人間に恋する、腹がまん丸な魚の子。』

P1039767.jpg

 先週末旦那が、家から徒歩5分のトコにあるレンタルビデオ屋、Video EZの会員になったんだ。
Video EZを見かける度、矢沢永吉を思い浮かべてしまうのは、私だけでしょうか?E・Yazawa。
でね、新規会員は“カードを作ってから1ヶ月間 2つ借りると安い方が無料”って特権があるのさ。らっき。

 初日は『UP』を借りました。旦那は去年既に飛行機内で観ちゃってて、ちょこまかとストーリーを喋るから・・・
『泣けるよ?』って言ってたけど、何処で泣けるのか、全く分りませんでした。
敢えて探せば、泣け(そうになっ)たのってあの場面か?始まって15分、闘病中の嫁さんに風船レター?

 そして今日、お互いが観た事ない『PONYO』を借りて来ました。私がすっかり観た気になってたポニョです。
正直、ちっとも感動しなかったし、面白いとも思わなかった。期待し過ぎってこともあるかも。
ポニョがたまに見せる表情が、マギー・シンプソンを思い出させました。あの、オシャブリしてる娘ね。
 あ、面白かったトコ(事)あったわ。お父さんが船から下りれず、『ごめん 今夜帰れないや』って電話するとこ。
旦那が、『ボーイフレンドには、家族が居るの?』だって。そんな複雑な愛、ジブリにない。安心して鑑賞しろ。
    でね、最後のエンディング、あのやたら聞き覚えのあるテーマソングで、不覚にも涙が出ました。

 私が最後に聞いたお母さんの歌、ポニョだったんだわ。お母さんが当時生活していた、小さなアパートの台所。
『あーもうっ!その歌耳に残っちゃって鬱陶しいから、歌わないでよっ!』って、茶の間から悪態ついてた私。
 その年の暮れに倒れた母は、今も病院で快復する為に努力しています。
母を思い出す歌がポニョで留まらない為に、また歌を歌えるまでに頑張って貰わないと、困るんだよ。 
プロフィール

ico onishi

Author:ico onishi
自分を把握してません
基本 日替わりです
変ろうとも維持しようともしません

“長い目”で 生きれません
“近い将来”しか見えません

好きな事には貪欲です
縄張り意識 かなり強めです

褒められる事が大好きです
必要とされる事が大好きです

やりたい事を やりたい時に 
やりたいだけ やります

いつも誰かに 見守られています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。